conoHana* | アトリエ | ちっちゃいおじさん・おばさん | てづくり(販売作品) | ネットショップ

ひと手間

2021年1月14日

こけしの顔はボールペンで描いてます。

お気に入りのペンは、uni-ball Signo 0.28 超極細です。

これまでのこけしにもそのペンで描いてましたが、上からニスを塗ると

注意しながら塗らないと滲んでしまうんです。

 

 

そこで、顔を描いた後、ニスを塗る前に「ラッカースプレー」してみたら。

と教えてもらって試してみました。

ついでに、「つやだしニススプレー」も試してみました。

 

結果

ラッカースプレーの方は吹き付けても滲みませんでした。

ラッカーだけでもツヤは出るよと聞いてましたが結構吹き付けないと

ツヤツヤにならなさそう。

匂いがきついので、さっとカバーする程度に吹き付けて、

その後ニスをニスで仕上げることにしました。

 

つやだしスプレーの方は少しだけ滲んでしまいました。

ちょっと吹き付けすぎたかな?

ただ、こちらもその後ニスを縫ってもペンの部分は滲みませんでした。

 

これまでの作業に、ひと手間加わったわけですが改めて

ひと手間って大切だと実感しました。

それで、おじさん達がさらに可愛くなれるのならひと手間も惜しみません。

 

もう一つ試した事があります。

粘土に直接ペンで描いてたんですが、カチカチに固まる粘土ではないので

微妙にクッション性があるからすごく描きづらいんです。

それに黒なのに、粘土に水分がわずかでも吸収されるのか

よーく見ると、真っ黒じゃなくてグレーっぽくなってしまうんです。

 

なので、試しに先にニスを塗って、その上からペンで描いてみたら、

ペンの滑りが良くて、黒も黒のまま描けました。

が、黒が黒なのはいいんですが、線が太くなる(そう見える?)気がします。

その方法で描いたのが一番上の写真、おじさん牛&おばさん牛

 

世の中便利な道具や材料、方法がいろいろありますよね。

これからも良い方法やそれに合った道具や材料を探して、

楽しみながら試してみたいと思います。